屋形船で宴会なら『琉球狗』へ


酒盛り琉球狗!!

屋形船ってどんなもの?

屋形船とは、和船の一種で。
船上で宴会や食事をして楽しむ、座敷が備えられた船のことを言います。
大体15〜80名程度の規模のものが多く、最近では多くの河川で楽しむことができますよ。
東京湾や大阪湾で盛んに会社設立して営業されています。

屋形船の歴史

屋形船は河川整備が進んだ江戸時代に栄え、大名や豪商などに愛用されました。
明治維新の後も引き続き親しまれたが、第二次世界大戦での敗戦後に「文化の移り変わり」「河川の劣化」などで勢いを失っていきました。
昭和時代末期のバブル景気により、屋形船は再び勢いを取り戻し、現在に至ります。
また屋形船の人気もでた理由として、船にはカラオケからレーザーディスク、そしてコンパニオンといったものを雇い、お客を集めていっているのです。
今では地元の人々から社会人・常連さんなどの多くの方がこの屋形船を利用されています。
そして屋形船とは「川に浮かぶお座敷」という名で多くの人達から愛され・利用されているのです。


↑トップへ

屋形船の季節

花火大会:夏の風物詩など。
水の上から眺めるのもまさに大名気分です。
納涼船:涼やかな海風に風情たっぷりの船遊び会社で!

新入社員歓送迎会・送別会:・・・・・・・といった内容で盛り上がりましょう!

春は、花見をしながら・・・・・
夏は、花火大会など盛りだくさん・・・
秋は、月見船・はぜ釣り・・・・・
冬は、雪見船などが楽しめる。

屋形船の利用方法

今はインターネットというのが主流で予約可能です。
雑誌などに載っていますよ。
だいたいが団体専用で貸し切りになることが多く。
(社会人・学生・サークル仲間・・・・)などといった幅広い年齢層の人達が利用されています。
また無料送迎バスも用意されているので交通にも便利です。
江戸川区の船は江戸川を走り葛西臨海公園へと行きそして東京ディズニ―ランドを周るといったコース内容が多いです。
所要時間は約3時間を目安に動いています。
その中で、飲み・食べ放題ができ、お金もそれほど高くはなく楽しむことができるのでお得です♪
そしていつでも利用可能です。
特に秋はお勧め。江戸川でやっている船頭さんも言っているのだから確かですよ。
そして秋ははぜ釣りが人気!!子供にも大人気です。
また冬は冬で水の上から雪を見るのもきれいですよ。
そしてまだまだ屋形船のおもしろいところはたくさんあります。
一番盛り上がる時期といったらやっぱり夏休みでしょうね。
しかし夏休みは一番忙しい時期でもあるのでご予約はお早めに!
夏休みはたくさんの行事予定が行なわれます。
花火大会といった夏の季節にはぴったり!!江戸川の上から見る花火はまた違った感覚で楽しめることまちがいなしです♪女性なら浴衣で、男性も浴衣や甚平、作務衣…とこんな時しか着れない和装もいいですよね♪


↑トップへ

貸切の屋形船とは

屋形船の一般的な利用の方法です。
屋形船の大きさで人数は変わりますが、2時間〜3時間、豪華な料理やお酒などを楽しむというのが、貸切の屋形船の基本的なスタイルです。
貸切の屋形船は大人数が集まる際のイベントに適していますよ。
年中ご利用いただけますので様々な用途で利用できます。

乗合の屋形船とは

1隻の屋形船に複数の他のグループなどが乗り合わせます。
乗合の屋形船でも、料理や雰囲気は通常の貸し切り屋形船と同じように味わえ、少人数でも気軽に利用できるという良さがありますよ。
乗合の屋形船は毎日必ず出るとは限りませんので直接店舗にお問い合わせください。

上手な屋形船の楽しみ方

屋形船の楽しみ方は各シーズンによって千差万別です。
船窓からは四季折々の風景を楽しめますよ。
春は華やかな桜をながめ花見、冬は澄んだ空気の中で雪見、ライトアップがたいへんキレイです。
また、時代によって景色も変わるものです。
あの頃あった建物は今はどうなっているのかな?なんてノスタルジーに浸りながらの周遊もまた「」というものでしょう。

屋形船のまとめ

様々な楽しみ方がある屋形船は、目的に応じて選ぶのが良いと思います。
花火を楽しむも良し、酒に興じるも良し、グルメを楽しむも良し、そして価格とも相談して、素敵な屋形船を探してみてくださいね。


↑トップへ

屋形船のお値段は幾らくらい?

屋形船はいくらぐらいするの?

ここでは気になる屋形船の船賃を調べてみました。
東京湾と大阪湾を重点的に調べてみましたよ。

屋形船の相場

営業している店によりけりですが、ほとんどの屋形船で各種コースがあるようです。
もっともリーズナブルなコースで8,000円ぐらいからで、きっちり料理もついていますが、刺身がなく天ぷらだけのコースが多いようです(^^;。
ワンランク上のコースがたいてい1万円ぐらいで飲み放題の料理付きと言うのが一般的なようです。

用途別の屋形船

夏の花火シーズンが繁忙期で、お値段もそれなりにアップしているようです。
時間も場所も限定的になりますので、要お問い合わせと言う船宿が多いです。
お昼のランチコースなんて言う、さらにリーズナブルなコースもあって、若年層でもご利用しやすい価格帯を設定したものもあります。
だいたい5,000円から6,000円ぐらいでお料理を楽しみながら周遊出来るようです。
それでも夏休み中のように、特に混むシーズンは特別料金を設定しているところもありますので、予約時に確認してくださいね。


↑トップへ

屋形船情報、酒盛り琉球狗コピーライト